プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生と死、わたしを分け隔てるもの。

生や死といったものを考えれば考えるほど、幸せにはなれないだろう、と最近なんとなく感じる。そもそも哲学で幸せになる道理はない。

たしか芥川だったろうか、こう言ったというのは。


「どんなに考えてみても生きることの意味がわからないのです」




いま生きている私とはいったい何なのか、私とはいったい人間なのか。

ただ、プログラムされたコード、WindowsのOSに過ぎないのではないか。
人間という種を存続させるために、肉を動かすために人為的に作られたコード、それが私ではないのか。人間という種族を維持させるための使い捨ての奴隷。

私が無ければ、人間という種族が機能しないというわけではない。私でなければいけないという必然性はなく、”とりあえず”のコードのひとつが私である。

人間という種族を生きながらえさせるための歯車のひとつであればそれでよいわけだ。
あぁ、私は絶望的なまでに人間から離れられないのだ。

なぜ私がチンパンジーであってはいけないのか、フクロウは、私が、鉄でも水素原子でも、クォークでも、木でも車でもいいではないか、

なぜ人間として、食べて、寝て、生きねばならない。実際の生活ではこのような問いは押し殺して生きていく。


決められないものを、無理に決める必要はない。

不条理なるかな、それが人生だろう。




それにしても、2日続けて鶴見のJoyfulで夜を明かしている。2日とも同じ席に座り、開き直って教科書をひろげている。おそらく今夜もJoyfulで夜を明かすだろう。3日連続になりそうだ。。

鶴見の場合、ほとんど客もおらず静かであり、気にいっている。

5時間や8時間もいると、自分が空気にでもなったような、存在感の消失にとらわれる。なぜかじょじょに人恋しさがつのってくる。誰でもいい、何の話題でもいい、話し相手が、語り合いたい。

私がいまここに存在しているという実感がほしい。一人ぼっちの孤独さを、スキマを埋めてほしい。自然界は真空状態を嫌う、それと同じく私も空白のプレッシャーに耐えられない



「このまま今日、もしかしたら私は誰とも話さずに終わるかも」


という予感はすなわち


「今日誰からも相手にされない、知覚されない、世界の端っこでひとりぼっち」


という恐怖感につながる。
この予感と、私を訪れつつある恐怖により、生きている意味を失いそうになる。ただ灰色の未来しか想い浮かばない

過ぎたことはかまわないのだ。
一日の終わりに、「そういえば私、今日一歩も外に出ていない、ケータイもメールも会話も誰一人としてコミュニケーションしていないなぁ。。」と気づいたとしても、それはもう私に絶望をもたらしはしない。

もう過ぎた過去であり、それはもう来ないのだから、


ただ灰色の未来を恐れるのみである。


私の今までの人生はある程度、Colorfulなものだったかもしれない、
しかし、いつ、灰色の人生に陥ってしまうかもしれない。
スヴィドロガイノフの絶望が私を追い詰める。



ドアも窓も、家具もまったく何もない、
出口のない密閉された真っ白な四角い部屋。
ただ部屋の片隅に蜘蛛の巣が張っている。
そこにただ私一人のみ在る。
それが、「永遠」だとしたら。



それが、その「永遠」が私の人生の、いや、意識の最終到達点であるとしたら。。。

私は「生まれてきたこと」を後悔するのだろうか、
「存在していること」を後悔するのであろうか、おそらく。

一刻も早く、この「永遠」から脱け出したい、
意識も記憶も何もかも全て消え去ってしまいたい。
自我を、わたしを他のなにかと区別している何かを、
その境界が完全に無くなり、私が私でなくなるとき。
私も他も何もかも消え去るとき、


私を、、還してくれないか。。。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。