プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工物の圧迫感

非常に残念である。先日、とある面接の関係で、フェリーで0泊2日 大阪に行ってきた。

着いたのは朝6時である。
なんば で朝食をとり、窓から町並みを眺めてみる。
大分から大阪へ、久しぶりの大都会だが、私には

「都会というのは恐ろしいところだ」

という想いだけであった。

コンクリートの建物ばかり、景観を破壊し続ける看板群、薄暗い地下鉄、厚いのに同じようなスーツをまとった生気のない出勤姿のサラリーマン、、
そしてそのときスーツを着ていた私もその中のひとつなのである。

すべて眼にはいるものは人工のもの。人間を圧倒する自然は存在せず、コントロールされてしまっている。 朝なのになんと気がつまるのだろう。

心を清めてくれる、自然の美 というものがなく、心のバランスが危うい


低下していく一方の大阪経済。東京には大きく水を空けられ、名古屋にも追い上げれら、その重要度は下がり続けている。だからこうも閉塞感がただよっているのだろうか。まったくもって息が詰まる

誰も彼も自分のことしか考える余裕がなくなっているのではないだろうか。
そして ヒトは、ますます孤立化を深めてゆく。

清新なる山の空気、澄んだ川の流れ、大自然に抱かれた温泉、
壮大な自然の恵みがここにあればよいのに。

大阪には、様々な飲食店、便利な交通、娯楽大型商業施設などがある。しかしそれらがほんとうに私の人生にかけがえない彩りたりえるか、

ここは、都会は、安息の地ではなく闘いの地なのだ












スポンサーサイト

<< 9/11 | ホーム | 生と死、わたしを分け隔てるもの。 >>


コメント

へえ。
ヒロキがそんなことを言うとは、、、。
都会に出てみると、壮大な自然の恵みのありがたさがよく分かるよね~。
僕もそう思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。