プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白川静教授逝去

白川静教授が逝かれてしまった。

立命館という名前で誇れること、と言えば 白川静 だった。

立命館グループにいて良かった、と思わせる唯一の理由だったかもしれない。

日経の「私の履歴書」、「呪の思想」ぐらいしか読んだことはないが
漢字について書いたものもぱらぱらと立ち読みぐらいはした。

絶対に読むべき書

と常に意識していた。

私が、中国の青銅器に現れる、呪・狂気に魅せられるのは、氏の影響なのだろう。


しかし逝ってしまわれた。

ドラッカーより少しだけ長生きした96歳という年齢で。
両氏とも

若すぎる死 


だと私は思う。

まだまだ活躍できる力を秘めておられたろう、
その執念・狂気は衰えていたはずがない。

残念でならない。

日本からまたひとつ、光が失われた。

これから先あのような光が現れるのだろうか。

世間では「漢字のわからぬ馬鹿」が大量生産されている。
ひらがなの自治体が乱立している。
過去の重みも何も知らない愚か者は歴史に学ばず
宝を自ら棄て去る。
同じ過ちは繰り返される。

白川氏の逝去
虚無感を抑えることができない。
スポンサーサイト

<< 単焦点カメラへの憧れ | ホーム | bookmark >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。