プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いじめ」 という言葉はおかしい

学校でのいじめによって多数の死者が出ている。

いじめられている子たちの気持ち。

子たちには逃げ場がないのである。

一人でふさぎこむしかない。

生き地獄である。

死んだほうがいくらかマシな世界だろう。
少なくとも今よりは。

死んではいけない、とはいうけれども。。。。


そこまで追い詰めた学生の責任はどうなるのか。

いじめ、は立派な犯罪である。
セクハラ、痴漢、パワハラ、レイプは犯罪である。

それならそれ以上の非人間的な行為を行ういじめはどうなのか。

クスリなどの犯罪を犯して少年院に送られる者が同年代で存在するのだ。
いじめがそれよりひどくないものだといえるだろうか。

レイプは心に深い傷を残す。
生きている限り消えることはない。

いじめはどうか。
レイプと何がちがうのか。
場合によってはそれよりもひどい場合もあるだろう。

サラ金の取立て屋じゃないか、まったく。

いじめは、脅迫、恫喝、器物破損、など数々の刑法にひっかかるはずだ。

逮捕されてしかるべきではないのか。

生徒が学校の外で、いじめと戦える仕組みが必要だ。

通学している学校に申告せずに、転校できる仕組み。
生徒の家族が直接 警察に駆け込み、裁判で戦う。

学校が閉じられた社会であり、逃げ場がないこと。
それがいじめを生む原因である。

そもそも今の、工業生産時代につくられた大量生産方式教育が何十年も前から時代遅れに
なってしまっていて救えない状況なのだが。


共産党左寄りの売国、日本教職員組合は驚くべき粘り強さで変化を拒むだろう。

以下日教組のホームページから引用した彼らの宣言。

「ひろく全日本および全世界の労働者・農民諸君と手をたずさえて、わが国に残存するあらゆる悪条件とたたかい、これを徹底的に打破して豊かな民主主義教育・文化の建設に邁進することを誓う」

なぜ、農民も?
徹底的に打破?

農民というキーワードは左でなければ出てこない。
徹底的に打破、というのはそれに抵抗するものに対してはどのような非人間的な措置をとってもかまわない、という考えで左の持つ典型である。

日教組のホームページを見れば、それが左であり、オウムなどの新興宗教となんら変わらない朝鮮・中国の手先だとわかる。
http://www.jtu-net.or.jp/

真の問題は日教組ということが少なくない。
だがマスコミには到底書けまい。
スポンサーサイト

<< 日教組が教育基本法に反対、そして民主党のボイコット。やはりである。 | ホーム | 単焦点カメラへの憧れ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。