プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生産性向上しかない。すなわち経済成長

私は、常々 高齢社会を乗り切るためには生産性向上による経済成長しかないと思っている。

厳密にいえば、


生産性向上により、人口減少の影響をオフセットする、


ということなのだが。

経済成長とは何か。それはパイが広がり続けていくことを指す。
大多数が将来的に生活水準が向上する見込みがある、希望のある社会である。
皆が協力してパイを拡大する。パイを広げれば広げるだけ各自の取り分は増えていく。



成長が止まった状態とは何か。それはパイの奪い合いである。
誰が何かを得れば、その分他の人が何かを失う。
激烈なレントシーキングが起こる。誰から何を奪うか、それが焦点になる。
ただひたすら自己保身に汲々とする。
将来暮らしがよくなる保障はない。今の暮らしがずっと続く、もしかしたら下がるかもしれない。
他国が成長していく一方で、自分は置いていかれる。
やがてだれからも相手にされなくなる。
ただ内輪で、奪い合うのみ。社会不安は増していく。

経済の成長していない国、 北朝鮮、一昔前のロシア、イタリア、等等の社会状況を
人々の活況を、猛烈に発展している中国やインドと比べれば一目瞭然である。

人間は、その時々の水準というよりも、これからどういうベクトルに動くかに左右される。


経済成長をあきらめて、ゆっくり暮らそう 

というのは耳ざわりのいい言葉ではあるが、そのようなことは起こらない。
現実を見ていない。
核兵器廃絶というくらい無責任な傲慢な考えだ。
成長のないところに希望は無い。ただ自分の影響力が低下していくのを
無気力にながめていくだけだ。無気力な老後に似ている。

誰も未来のことは語らない。
ただ過去にすがる老人ばかり増える。



スポンサーサイト

<< タカでもハトでもなく | ホーム | 証券取引の優遇税制廃止反対 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。