プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカでもハトでもなく

政治家はタカ派にもハト派にもなれねばならない。

国益を守り抜く堅固な意思が第一。

そのためにタカとハトを手段として使いこなす。


タカハトゲームというものがある。

A, B という2人のプレイヤーがいて、その前にエサがある。
プレイヤーはそれぞれタカになるかハトになるか選ぶ。

1. 両方がタカ             -- 闘って両者傷つく、どちらか一方がエサを得る。
2. 片方がタカ、片方がハト  --タカがタダでエサを得る。ハトは傷つかずに済                               むが何も得ない。
3. 両方がハト             -- 仲良く分配?

相手がハトを選ぶとわかっていれば、片方は常にタカを選ぶ。

まさに、日本と中国の油田問題はこれである。
相手は強く出てこない、ならば先に奪ったもの勝ちとなる。
独り占めできる。

相手にどう出るか、バレた時点で負けなのだ。

両方がハトを選べば理想的かもしれない。多くのAPS生徒が夢見がちなところだが、
残念ながら性善説では解決できない問題である。なぜなら裏切ったほうが得をする。
性善説に賭けるのではなく、性悪説をベースにしたほうがうまくいく。

普段はハトを演じているが、いつでもタカになって、相手を徹底的に叩き潰す覚悟がある、ということを常に示し圧力をかけつづけることが、ハトを選ばせる近道なのである。

平和主義者でも、肝の有る無しで相手の反応は変わる。
腹のすわっていない盲目的平和ボケ臆病者はただ奪われ続けるるのみ。


スポンサーサイト

<< Sri Lanka | ホーム | 生産性向上しかない。すなわち経済成長 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。