プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sri Lanka

スリランカウィークのファッションショーに出た。

実は、ファッションショーに出るというよりも、スリランカ人がどのように
動くのか観察したかったのだ。

スリランカ型マネジメント

とはどのようなものか、ちょっとかじってみたかったのだ。

本番前に何回もホールでリハーサルをした。
しかし、絶対に時間通りには始まらなかった。
5時半からの予定が 7時に始まったり、それが10時に終わったりする。

1,2時間遅れていくぐらいが普通、そういう暗黙知があるのだ。

そして演技のほうも練習ではお世辞にもあまりできているとは言いがたかった。

っていうか、さまざまな演目があるのだけど、同じ人たちが何回も出てくるのである。
一人3役も4役も5役もする。
衣装着替えるのに大忙しである。

妙なところで純血主義的なところがあるのだろう。
「おいおい、外国人入れたらええのに」
と思っちゃうのは僕だけだろうか。

一人何役もすればそのぶん大変なのに。

しかし、私は信じていた。
練習は超テキトーだが、なぜか本番には間に合わせてくるだろう、と。

そして実際、本番ではなかなか仕上げてきた。
開始時間もぴったり守った。

なぜギリギリになるまで仕上げてこないのか
でも結局仕上がっちゃうんだけど。
インドあたり、そこらへんに流れるルーズな時間には
いつもドキドキさせられる。

スリランカのいいところは仏教国だということだ。
つまり、酒が飲めるということ。

友達いわく
「チリとか南米のほうとノリが似てる」 。。。らしい。。。
スポンサーサイト

<< カーオプションとしての火炎放射器 | ホーム | タカでもハトでもなく >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。