プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いのは政治というよりも国民ですよ

今回の選挙は大きなターニングポイントになりました。

自民党が大きく議席を失い、参院では民主党が過半数を握りそうです。

民主党がなんとか、自民党がなんとか、そんなことは小さな問題です。

大きな問題は、有権者がどのような考えで投票したかどうかです。
有権者が現状をどれだけ深く理解しているかです。

ただ自民党に腹をたてたから民主党に票を入れた。
とかそういう幼稚な考えでは困るのです。

民主主義の要は、国民一人一人の教養レベルです。

国民のレベルが高くなければ、政治がうまくいかないのは当たり前です。
レベルの低い国民には、単純なものしか通じない
どうしても視野の狭いポピュリズム、もしくは腐敗政治、衆愚政治
に陥ってしまう

我々有権者は、普段から経済・政治についての勉強に励まなければならない。
そうしなければ、政治をモニタリングする能力がつかない。

ただ言われたことにだけ反応する、操りやすい有権者になってしまう。
語られていないことを見破るチカラが必要です。
人の意見を真似るのではなく、自分自身の意見をしっかり持たねば。

政治家を責める前に、有権者自らの未熟さを恥じるべきです。
投票もしないのに、文句を言うのは間違っている。

3人に一人が投票に行っていない。

だから、政治の世界では、少数の利権団体が力をもてるのです。
たとえば、それは創価学会の公明党です。
投票率が上がれば、公明党なんて吹き飛びます。
より多くの国民が投票にいくほど、彼らの影響力は低下します。

少数派が多数派になってしまう今の利権談合体制を変えるには
投票率アップしか長期的な解決策にはならない。

ちょっと政党が入れ替わったくらいで変わりません。

投票率が70%にも満たない今の現状が日本人として恥ずかしい。



スポンサーサイト

| ホーム | 屍を越えて、そして代表として >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

やっぱり、俺は共産党だわ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。