プロフィール

膝小僧360

Author:膝小僧360
座右の銘は「永遠の18歳」

105歳まで生涯現役でいます。。仕事においても遊びにおいても、あらゆる分野において若い者を若さで圧倒する、そんなアダルトチルドレンな105歳を目指しています。ただしこのまま計画通りいくと人生あと83年しかないのが悩み。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死 とはなにか

人間 だれしも 死について考える。

人生を考える出発点というのは「死」に始まる

そもそも死がなければ生もない。
小さい頃から、生と死の境界に興味があった。未だに自分が死ぬのかどうか確信がもてないでいる。幸か不幸か死から遠い人生を送ってきた。

手がかりをつかみたくて、小動物や虫などを分解しながら「いつ死ぬか、いつ死ぬか」と実験している。しかし他の生物の生殺与奪の権利を行使したとしても、実際に殺してみても、死ぬときの彼らの気持ちがわからないのである。
ただ単に殺し足りない、経験が足りないのか、それとも違うアプローチによらなければならないのかはわからない。

しかし絶望的なのは、私、男 は生を与えることのできない生物なのである。
産む という経験ができない。そこに人生を理解しようとするうえで絶望的な壁がある。感覚として、生を作り出す感覚は絶対に得られない、ただ殺すのみが男である。


議論が枝葉に入ったが、人生を考える出発点がなぜ死にあるのか。

チベットの死者の書 によれば我々は死後49日くらいで次の生物に生まれ変わるという。たとえ死んでも、あっという間に次の人生である。

エジプトの死者の書 によれば、死後の世界というのはなかなか現世とそっくりの世界である。地獄にはいってしまった場合は悲惨だが、天国のほうもいろいろな種類があり、極楽のようなところではこの世とほぼ同じような生活ができるという。

キリスト教においては、最後の審判がある。

イスラム教においても、最後の審判がある。私が興味を惹かれたのは、「天国では美女に囲まれて暮らすことが出来、彼女達は永遠に処女である」といったことがコーランに書かれていた。

仏教においては、 輪廻転生があったり、解脱があったり、56億年後とかそのあたりに みんな目覚めてなにか起こったりするらしいが、仏教は多くの宗派があり、混乱している。私の勉強不足である。


死というのは、自分の生について考える出発点である。

今回の人生で善行を積めば、天国に行ける、悪ければ地獄に落ちる。という前提がある場合には、できるだけ来世につながる善行を積もうというインセンティブが生まれる。

死んでたった49日後に生まれ変わるとなった場合には、死んでいる期間にどううまく次の胎をみつけるか、生きている間に勉強することになるだろう。こう短いサイクルで輪廻が繰り返される場合、一回一回の生の価値は相対的に低く評価されるのではないだろうか。

輪廻を繰り返すこと自体、苦しみであり、解脱を目指す。となった場合には、人生の目標はニルヴァーナにいたること。ブッダになることである。インドのサドゥーのような生き方になるだろう。欲に惑わされず、ただ犀のようにひとり歩む、力強く歩む。

死後の世界に、現世の財産をもっていくことのできるエジプトの死者の書のようなケースにおいては、死後の世界に備えた蓄え・準備が重要になる。

アッラーなどによって裁かれる、全てお見通しされてしまう場合においては、アッラーのためになんでもします、ということになる。絶対的帰依が求められるだろう。

もちろん、死後の世界に対する認識が同じ場合でも、それに対し異なる考え方をもつ場合はあるだろう。しかし、やはり死を起点に考えている。


しかし、いまや自称無宗教者が跋扈する時代である。


無宗教者の多くは、唯物論者ではなかろうか。この世は全て物質でできていて、死んだら別になにもない、ただ身体の構成物質が地球に還るだけである、とする考えである。

そこには死後の世界は存在しない。ただこの今、生きている瞬間がある。
この出発点にたったとき、人間はどのような価値観をもつのだろうか。

正確な引用ではないが、ドストエフスキーは「カラマーゾフの兄弟」のなかでこう書いている


神がいなければなにをやっても赦される


人間が他人に施したり、赦したり、といった善行を積むのは他人を愛しているのではなく、自分を愛しているためである。来世のためにやっていることなのである、という。
しかし、もし来世がないのであれば、わざわざ善行を積む必要はなくなってしまい、何をやっても許される、と。

もはや来世のためにあくせく努力する必要などないのである。

死はただ物質的なものに過ぎない。  

そのような前提にたつと、ますます自分のことだけ考えていればいい。一回こっきりの人生、やりたいことをやりたい、となる。他人につくしても来世があるわけでもなし、報われない。GiveではなくTakeがなにより先である。

「囚人のジレンマ」というセオリーがある。とらえられた囚人は双方とも自白し、最悪の結果に陥らざるをえない、ということを示唆している。解決法はなんだろうか、お互いに話す機会を与えることだろうか、そうではない。 解決策はこれを長期的な問題にすることである。たった一回の選択ではなく、何回にもわけて自白・黙秘を選択する機会を与えるのだ。そうするとお互いに協力するようになる。

A) これからの人生でもう会うことは無いな、と思った人。
B) これからの人生、まだまだ付き合いがある、と思った人。
どちらを大切にするか。答えは明白に B である。

一回きりの人生なので、一生懸命生きよう、と考える人もいるだろう。
しかし、トータルでみると、一回きりの人生だからすき放題やってやろう、と考える人間が激増するのは避けられない。


宗教から離れる、開放される、ということは今まで人類が築き上げてきた生きるための論理がまったくひっくりかえってしまうということである。
今まで正しかったことが、まったくナンセンスになってしまう。
今まで悪であったことが、善になる。

無宗教者は自分でなんでも決める、自分の神は自分である。自分がなにをしようと、どのような思想を展開しようとも神からとがめられることはない。 
つまり自由を手に入れる、ということである。少なくとも思想的な自由は手に入る。
しかし人間は、羊の群れである。そのような自由に耐えられない。群れから離れた羊はもろい。自分を自分の支配者にできるのはブッダくらい強靭な人だけである。

しかし人間には、生きる理由 が必要である。無宗教の人間はそれを自分で探さねばならない。

自分はなにのために生きている、なにのためなら死ねる。

などと常に自分を何かに帰依しようとする。まったくかたにとらわれずにすむのに、自分から進んで自由を放棄する。

はぐれた羊のように、ビクビクしながら答えを探し続ける。


死とは私にとって、なになのか。
ワタシを構成しているのはなになのか、どこからがワタシなのか。
何のために今こうして生きているのか。

積極的な臨死体験

東京での就職活動を終えて帰別府した、ビール腹の朋友がこう言っていた。


「すごい人たちっていうのは、死にかけた経験を持っている」 と。


死 という圧倒的存在が目前に迫ったときに、自分の人生いったい何がしたいのか、悟ることがあるのだという。

一回死んだ身なので潔く自分を賭けることができる、とも。


本当かどうかは知らない。しかし非常に重要な示唆を含んでいるのは事実



「死」から逃げていない



私も一度高校時代に入院した時に、失明を覚悟した、もう野球はできない、とも思った。

少なくとも人生において大きな修正を迫られたことは認識していた。

しかしそれとて本当に死を覚悟した人に比べればちっぽけな覚悟である。


極論でいえば、 「一回死にかけてみればやりたい事がみつかる」 ということだ。

だから自分を、瀕死 の状況まで追い込めばいいのだ。

ただ私を含め、人間は自分で死にかけられるほど強くは無い。

ならばみんなでやればよい、互いを監視しあう。

しかし恐ろしいジレンマがある。

本当に死んでしまった場合どうするのか?


あと2秒で真理に到達できるのに、仲間が彼を助けることでそれを妨げてしまったら?

逆に止めないで本当に死んでしまったら?

私は責任の大きさにビビり、それから逃げるために、助けてしまうだろう。

中途半端にやっては意味が無い。なにも悟ることはできない。本気で自分の命を賭けてやらねば何も得られない。 

本当の意味で、リスクをとる覚悟があるか。
自己責任でそれをできるか。


死を覚悟している人間の生き様は美しい
私はまだまだ「死」についての考えが甘いようだ。

Financial Times、50400yen/year、高い、しかし購読

清水の舞台から飛び降りる心地である。

大学4年生になり、1年生のころよりだいぶ懐が寒くなってきた。財布の紐はできるだけ引き締めている。
この週末だって、財布には1000円札が一枚のみ、よしのやの豚丼でさえ高額に感じているこのごろ。


その私が、新聞に50400円も使ってしまった。

しかも英語である。

Financial Timesを一年分。

途中で読まないようになったらいったいどうするのか。

日々積み重なるピンクの紙を見るたびに自分を嫌いになっていくだろう。




現在、日経新聞を購読(一ヶ月約3700円)しているが、最近これでは日本のことばかりでインターナショナルな出来事に疎くなってしまうことに危機感を抱いた。

日本語ばかり読んで、英語能力が低下してしまいそうだ。少なくとも伸びはしない

そして、英語の新聞を購読することに決めた。

候補は複数ある。

1)ウォールストリートジャーナル
          アメリカに行ったとき、たまに読んでいた。第一候補の筆頭である。

2)ファイナンシャルタイムス
          時々読む機会があるが、ウォールストリートジャーナルよりも英語がなんとなく読みにくい心地がしていた。英国発だからか。しかし情報の質、権威など、有力な第一候補群である。ピンクの紙を使っているのが特徴的な新聞。

3)ジャパンタイムス
          日本の新聞をそのまま英語に翻訳したような内容である。しかし日経を読んで、さらに同じような内容を英語で読むなど時間の無駄である。とりあえずの候補

4)インターナショナルヘラルドトリビューン
          朝日新聞と密接な関係を持つ英字新聞。ジャパンタイムスよりはいくらか国外の記事が多い。USAトゥディなどとかぶる。正統だがしかしビジネス関連の記事を重視する私にはフィットしない。

5)NIKKEI WEEKLY
          日経新聞が週末にだけ発行する英字新聞ダイジェスト版。いや、でも日経とかぶっているのでパス。それに週末だけじゃね、、、


結局ウォールストリートジャーナルとファイナンシャルタイムスの一騎打ち

しかし、問題は値段である。


ウォールストリートインターナショナルバージョン、アジア
はなんと

半年約54000円!!!!!

ぶっちゃけふつうに買うと一部500円するのでお買い得ですよ、とサイトでは謳っているが、

いや、高いですよ全然。


日経は半年22000円くらいである。

絶望にうちひしがれた私は ファイナンシヤルタイムスのサイトを見た。

ファイナンシャルタイムス、、、

半年52000円くらい!!!!

ウォールストリートジャーナルと変わらない、、、たった半年、、、

インターナショナルヘラルドトリビューンなどほかの英字新聞は日経新聞とほぼ同じ価格設定なので、ここは妥協するか、仕方ない。

と思っていた干からびた私の眼に飛び込んできたのが、



 Student discount



の文字。むさぼるようにクリックした私はそこでファイナンシャルタイムスの寛容さを知る。


学生割引なので期限は一年のみ限定。

一年 50400円!!!!



日経も一年購読すれば37000円くらいいっちゃうこの時代に、ファイナンシャルタイムスが一年50400円!!

それでもふと考えた。一週間くらい前の新聞にこういう記事があった。
どこかの哲学者の人が書いた記事である。


「大学に入った頃は4年後には、古今東西の名著を読破し、幾多のガールフレンドを抱

え、スポーツ万能で、英語がネイティブ並みにペラペラになる、という目標をたてた。

そしていきなり英字新聞を一年間分購読した。最初は時間がかかっても、やがて加速度

的に読むスピードがあがるはずだ。新聞が届いて最初の頃は読むのにとても苦労した。

しばらくすると未読の新聞が加速度的にたまっていった。何週間か後には新聞が届いた

瞬間にごみ箱に直行するようになった。英字新聞は一年間分もまえもっ

て購読するものではないことを反省した
。」(引用不正確)


もしかすると同じ間違いをおこすのではないか、という考えをどうしても頭をよぎる。

しかし、しかし、私の英語は、特にリーディングはそんなに悪くない、残るは気合のみ


50400円も使ってしまって実際もうにっちもさっちもいかない。

背水の陣。

失敗は絶対に許されない。一部、一部が私の生活から牛肉を奪い、私に鶏のムネ肉を強制するのだ。


あと10日もすれば最初のFinancial Timesが届くだろう。

絶対にもとをとらなければならない。読まなければならない。

自分を鼓舞しなければ。

しかし、ここでふと考えてみた。



夏休みにおじいちゃんの家に遊びに行ったとして、
もしおじいちゃんがランニングを着て庭を望みながら

Financial Timesを読んでいたとしたら、
それはかっこいいんじゃないだろうか。




将来の孫に、おじいちゃんとしてかっこいい背中を見せるためならば、Fianncial Timesなぞ敵ではないはずだ。

今までほぼ22年間生きてきて、口でならなんとでも言える、ということは知っている。

今日、注文したFiancial Timesが自虐ネタのもとになるのか、それとも脳みそにシナプスを増やすことになるのか、自分の能力に期待したい。


私が賭けるのは、お金だけではない、それは、自尊心

プライドだ。

失敗して自分のプライドを失うか、それとも強化するか。

これはある自分への投資というよりはギャンブルに近いのかもしれない。

人を :抽象的に考えるのか、具体的に思い浮かべるのか

ドフトエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」をまだ半分しか読んでいないが、非常に濃い内容である。 高校生のとき読んだ「罪と罰」以来離れていたのが悔やまれる。

その中でも特別心にグサリと引っかかってしまったのが、

「人間を愛そう愛そうと全体を愛するほど、個人を、身近にいる人を憎んでしまう、耐えられなく疲れてしまう。」

というパラダイム。確かに、思い当たることはある。

抽象的な「人間全体」というものを想定してそれを愛してみるが、具体的な友人であったり、見知らぬ人であったりというものが愛せない。



これはまさに「経済学」そのものではないか、と私は思う。

経済学は「効率的な資源の配分」を通して、社会全体のWelfareを最大にすることを目的にしている。全体最適を果たそうということだ。

経済学は「均衡」(Equiriblium)というなんとも不可思議なポイントを想定して考える。

これは需要(Demand)と供給(Supply)がちょうど交わり、資源の消費配分が最大効率で行われる点である。

その「均衡」においては生産者には利益も損失もでない、プラスマイナスゼロである。たとえ一円でも値段をあげれば商品はまったく売れなくなる。Vice versa、もし値段を一円でも下げれば(下げることができるなら)世界中全ての顧客が自分の商品を買う。

経済学が目指すのは、特にNeo classical Economistが目指すのはこの「均衡」である。そこにおいては最適な資源配分を妨げるものは社会全体の足を引っ張るものとして敵視される。

例えば、 
「日本企業が自社開発した技術をブラックボックス化して利益をあげている」
とすれば、
「独占するんじゃない、全世界の企業にそれを開放してスケールメリットを追及して世界全体のWelfareの向上に役立てろ」と言うのである。

採算があわなくなるまだキャベツを作りすぎた農家に対しては
「無駄な資源を浪費するな、なぜその浪費したぶんの資源をほかのもっと生産的なものに使用して人類全体のWelfareを高めようとしないのだ」
と諭す。

社会全体としての便益を優先したがために、個々人が不当な利益をむさぼるのが許せなくなってしまう。

もちろんこれは一例にすぎず、経済学以外の分野においては全体を愛することが、具体的な個々人を愛するということにつながる、そのようなことも起こっているかもしれない。



逆はどうだろうか。 具体→抽象。 具体的な個々人を思い浮かべるところから始め、人間全体を愛するようになる、ということは。

常々考えてきたことだが、自由人@高橋歩は
「自分の女を幸せにできないで、社会全体を幸せにできるわけがない。社会というのは各個人、家庭が集まってできているものなのだ。自分の家庭、友人、身近な人を幸せにすることが第一だ、それが社会をよくしていくのだ」

と常々語っている。的を射た意見である。
社会全体というのは、全く抽象的で偶像崇拝的であるのに対し、
高橋歩のいう社会というのは個人個人が集まってできているという具体性を包含した温かいものなのだ。

しかし、本当にそうなのか。この高橋歩の仮説がまったく当てはまるわけでもないだろう。もちろん、高橋歩の仮説が「具体→抽象」という流れを完璧に代表しているわけでもないだろう。家族を犠牲にしてまでも社会に大きく貢献した人もいるだろう。



「抽象→具体」アプローチでは、全体を愛すればこそ、個々人の足を引っ張る行為に我慢ならなくなってしまう。
究極的には、顔の見えない全体のために、顔の見える身近な人を消去するとこにつながりかねない。

それは労働者階級による社会を実現するためにはブルジョワ階級というものは消えなければいけないという社会主義に見ることができる。社会全体の利益を追求するために、ブルジョワ階級とみなされた人たちが殺戮されたのである。
もちろん今の日本にもないとはいえない、イラクにおいて日本人が拉致されたとき「自己責任だ、日本全体に迷惑をかけるくらいなら数人の命など軽いものだ」と考えた人は多かっただろう。

それがまったく間違った考え方であると断定はしない。明確な答えはない。しかし少し本題から離れてしまったので、本題に戻ろう。
私達は、あるところでは「抽象→具体」アプローチを使い、またあるところでは「具体→抽象」アプローチに寄っていると思われる。両者を無意識に使い分けている。


ところで、私は高橋歩の意見のほうに傾いてしまいそうなのである。
しかし高橋歩の意見でさえ、私達は打ち破っていかなければならない。もっともっと突き詰めて考えていかなければならない。

人類を抽象的に考えるか、それとも具体的に思い浮かべるか、どっちがいいのか、などとそんな単純なことではない。

両者ともより細部にフォーカスして分析していかねばならないだろう。一つ一つ矛盾する点を挙げていく、執拗に問い詰めていく、そのような弁証法を積み重ねていけば、よりクリアな視界が得られるかもしれない、もしくはまったくわからなくなっていくかもしれない。

いずれにせよ、これからの人生、私の頭の中で長い間渦巻くトピックになっていくであろうことは間違いない。

「カラマーゾフの兄弟」においてはこの問いですら小説を構成する一部分に過ぎず、他にもあまたの人間の矛盾を突いた部分がある。まったく怪物である。

Compriance, compriance, COMPRIANCE!!

TOYOTA 北米の日本人社長が、日本人従業員から訴えれているという。


TOYOTAはいまや世界最強の車メーカーであり、車で戦う限りにおいては問題は少ない。


そうなると一番の問題はつまらないことで足を引っ張られないよう気をつけること。すなわち


コンプライアンスを遵守しておくことである。


  なぜならコンプライアンスを逸脱した行為によって株価は大きな悪影響を受けてしまう。世界中の機関投資家がToyotaの株を買っているのにまったくもうしわけないことだ。もし株主代表訴訟でもおきようものなら戦略の実行に集中できるはずもなく、達成できていたはずのものが達成できなくなってしまいうる。


「セクシャルハラスメントは絶対に容認しない」


と強い方針を打ち出してたTOYOTAでさえこのようなことになるのだ。確率的にある程度のセクハラ事件が起こるのは避けられないものであるが、それを容認しないのが世間でありTOYOTAがこの事件にどのように対応するのか。


TOYOTAの、会社としての格の違いの見せ所である。


このような人為的ミスに対してどのような事前準備・対処法を想定していたか、もしくはこのようなミスさえ成長戦略の一角として織り込まれているのか。


「女性にとって働きにくい会社」


というのは致命的な弱点である。胸を張ってビジネスなどできない、女性を活用する能力のない無能なマネジャーばかりであり、ほめられる点なぞひとつも無い。


「上司からのコンプライアンスに違反するような行為を指示されたときに断れる会社」


これもこれから重要になってくる要素である。部下が断れないとなると、スキャンダルは起こり放題だ。会社だけでなく、その部下の将来のキャリアまで刈り取ってしまう。コンプライアンスに対する認識が会社の中に浸透しているかどうか。 


世間から 「あんな会社べつになくても困らないよね」


といわれてしまってからでは遅いのだ。残業代を支給しない会社、従業員の保険を払わない会社、ゼニ金儲け第一主義の会社、などの会社側の過失ばかりでなく、


その会社が 「社会をよくするためになんら貢献していない会社」とみなされてしまっても終わりである。


隠せばいいというものではない。そのような小手先のテクニックでごまかそうという誠意のない会社はまったくコンプライアンスという言葉の重みを理解していない。


日本においてこれから、年金基金、ミューチャルファンド、ヘッジファンドなどの機関投資家が増えるのは間違いなく、株主に対するディスクロージャー、責任は増すことはあれ減ることはない。この大きな潮流は誰にも止められない。「物言う株主」が企業のCEOをすげかえるということも常態化してくるだろう。


そういったケースにおいて、過去の過ちをいつまでも隠しとおせるのか、取締役達は任期後も一定期間は訴えられてしまう。隠したものがバレてしまうのを待つよりも、むしろ悪い情報ほど積極的に開示していく攻めの先進的な姿勢が求められている。


今回のトヨタの件が、日本の経営者にコンプライアンスの重要性を再認識させることになればよいが。。。


 

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。